遠近両用コンタクトレンズ相談会 阪急グランドビルとなんばCITYで開催(12月の日程)WEB予約受付中!

ハマノコンタクトでは、40代から遠近両用コンタクトレンズの使用をおすすめしています。今まで無理して近くを見ておられた多くの方が、思い切って遠近両用コンタクトレンズに変えて「遠くも近くも見える」「目が疲れにくくなった」と快適に使っておられます。

ハマノコンタクトでは、阪急グランドビル店となんばCITY店にて、遠近両用コンタクトレンズ相談会を月に1回程度(7月、12月は除く)開催しています。

検査経験豊富なスタッフが、皆様のライフスタイルに合ったコンタクトレンズ選びをお手伝いします。
予約制とさせていただいており、WEB(またはお電話)で予約受付しております。ぜひご予約の上、お越しください!

遠近両用コンタクトレンズには、ソフトレンズもハードレンズもあります。その一部をご紹介します。

【ソフトコンタクトレンズ】

【1日使い捨て】「ワンデー アキュビュー モイスト マルチフォーカル(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

年齢や目の状態によって人それぞれ異なる瞳孔の大きさに着目したレンズで、遠くも近くも自然に見やすく。1日使い捨てソフトコンタクトレンズで、必要なときのみ使用することができ、とても便利で見え方も自然です。ハマノ眼科は、ワンデーアキュビューマルチフォーカルの処方数全国トップです!

 

【2週間交換】「アキュビューオアシス マルチフォーカル」(ジョンソン・エンド・ジョンソン)*先行発売

近視や遠視の度数、年齢によって異なる瞳孔の大きさに対し光学部設計を最適化した2週間交換タイプの遠近両用コンタクトレンズです。独自の内面カーブデザインで視界が安定。レンズに涙に似た成分を組み込むことで、1日中レンズのうるおいを保ちなめらかにし、レンズとまぶたの摩擦を軽減します。

 


【ハードコンタクトレンズ】

◎「メニフォーカルℤ」(メニコン)

コンタクトレンズ中央が遠用、その周辺が近用で、遠用光学部と近用光学部の間に移行部がある、交代視タイプの遠近両用コンタクトレンズです。  移行部を設定することで、遠方また近方がより自然に見えるように工夫されています。定額制のメニコンメルスプランでハードレンズをお使いの方には「メニフォーカルZ」がおすすめです。

◎「プレリーナⅡ(シード)

老視の初期段階である40代くらいの方を対象としたレンズで、遠方の見え方を重視した設計です。遠くを見るためのゾーンと近くを見るためのゾーンが同心円状に並んでいるので、視線の移動に伴ってピントがスムーズに切り替わり、遠くから近くまで自然な見え方です。

 

遠近両用コンタクトレンズ相談会の日程は下記のとおりです。ご予約の上、お越しください。

*相談会に参加ご希望で下記の日程が合わない方は、お電話にてお問合せください。

遠近両用コンタクトレンズ相談会

◎阪急グランドビル22階 

大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 22階 TEL06-6315-6500

日時:2022年12月3日(土) 

①10:00 ②11:00 ③14:00 ④15:00 ⑤16:00

*予約時刻の10分前までに受付にお越しください。

 

※WEB予約サイトからは、ご予約の2日前までご利用いただけます。お電話でのご予約は前日までにお願いします。

◎なんばCITY2階 

大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY本館 2階    TEL06-6633-2200

日時:2022年12月4日(日)

①10:00 ②11:00 ③14:00 ④15:00 ⑤16:00

*予約時刻の10分前までに受付にお越しください。

※WEB予約サイトからは、ご予約の1日前までご利用いただけます。当日のご予約はお電話お願いします。