ページトップへ

こんな時どうしたらいいですか?

コンタクトレンズがどうしてもはずれないときは、どうすればよいですか?

【ハードレンズの場合】
レンズが角膜の上にあるのを確認し、専用のスポイトを使ってはずします。また、洗面器などに入れた水の中に顔をつけ、まばたきしてはずす方法もあります。

【ソフトレンズの場合】
人工涙液型目薬をたっぷり点眼し、レンズが動きやすくなってからやりなおしてください。もし、ソフトレンズがいつも目に吸着して動かないようなら、できるだけ早く、眼科医の診察を受けてください。

ハードレンズがずれたまま動かないときは、どうすればよいですか?

専用のスポイトを使ってはずしてください。
また、つぎのような方法もあります。たとえば、下に吸着した場合、鏡を上にもっていき、下まぶたをしっかり下げ、レンズの下の縁が結膜(シロメ)と接するところを下まぶたの縁で浮かせるように、少し強めに押します。レンズと結膜の間に空気が入れば、簡単に動かせるようになります。

長時間装用してはずしたあと、目が熱く感じることがありますが…?

そんなときは、装用時間を減らす必要があります。
熱く感じるのに使用を続けると、角膜障害を起こす心配があります。

はずしてから、メガネをかけると、ものがぼんやりとかすんで見えることがありますが…?

それはコンタクトレンズをはめたために起こる「スペクタクルブラー」という現象です。
主な理由として、酸素欠乏による一時的な角膜浮腫や、角膜のカーブ、滑らかさ、厚さ、屈折の変化などが考えられます。酸素透過性の高いレンズでは、ほとんど起こりません。