安全にお使い
いただくために

安全・快適に使う
6つのポイント!!

皆様に、コンタクトレンズを安全、快適にお使いいただくために、ぜひ守っていただきたいことをまとめました。あなたは、大切な目のために正しい使い方をしていますか?チェックしてみて下さい。

  1. コンタクトレンズの使用期限を守ろう
  2. ソフトレンズのケースは毎日洗い、完全に乾燥
  3. コンタクトレンズはこすり洗い
  4. コンタクトレンズをはめる前は石鹸で手洗いを
  5. お手入れ不要で、清潔、安全なのは1日使い捨てレンズ
  6. 使用時間は短めに目に合った眼鏡を作ろう

Point 01コンタクトレンズの使用期限を守りましょう!

ディスポーザブル系のソフトコンタクトレンズには、1日、2週間、1ヵ月という使用期限があります。使用期限は、きっちり守りましょう。レンズの交換日や次回購入日をお知らせしてくれる、便利なサービスもあります。ブリスターパックを開封した日から、そのレンズの決められた期間しか使用できません。決められた期間とは、実際に使用した日数ではなく、「開封した日」からの期間です。たとえば、2週間交換レンズなら、実際に使用したのが2、3日間だったとしても、開封した日から2週間で捨ててください。洗浄保存液につけたまま、その期間以上保管して使用することはできません。

メニコン「交換日&購入日mail」

メールで2週間ごとにレンズの交換日と、
3ヵ月ごとに次回購入日をお知らせしてくれます。

ハードレンズの場合、使用期間は、個人差はありますが、およそ1~2年とお考え下さい。キズや汚れのついたコンタクトレンズを装用し続けることが目の不調の原因になることもあります。メニコンメルスプランなら、キズや汚れがついた時に交換できるので、いつも快適にレンズを使えて安心です。

Point 02ソフトレンズのケースは毎日洗い、
完全に乾燥させてから使いましょう。

レンズケースを水道水で洗った後、完全に自然乾燥させてから、洗浄液を入れて下さい。洗浄と乾燥は毎日行って下さい。そのため、レンズケースは2つ以上お持ちいただき、交替で使いましょう。

ソフトレンズのケースは1ヵ月~3ヵ月で新しいものと交換して下さい。ハードレンズのケースの場合も、1年に1度は新しくしましょう。レンズケースが汚れていると、レンズケースに繁殖したカビや細菌がレンズにも繁殖し、目に障害を起こす原因となる場合もあります。

Point 03コンタクトレンズは、こすり洗いをしましょう。

マルチパーパスソリューション(ソフトレンズの洗浄、すすぎ、保存、消毒を1液で行うことができる消毒液)をお使いの場合は、「こすり洗い→すすぎ」をしっかりと行いましょう。
とくに、シリコーンハイドロゲル素材のレンズ(アキュビューオアシス・プレミオなど)は、しっかりとこすり洗いをすることで、より快適に装用することができます。
レンズがくもる、という方は、こすり洗いをいつもよりも長めに行ってみてください。
※爪が当たるとレンズの破損につながります。指の腹でこすり洗いしてください。

過酸化水素による消毒液(コンセプトワンステップなど)は、消毒、中和の後、レンズを使用する前に「すすぎ液」でこすり洗いをすると、よりきれいにレンズを使用できます。

こすり洗いが大切なのは、ハードレンズも同様です。つけおき洗浄と併用して、こすり洗いも行いましょう。

Point 04コンタクトレンズをはめる前には石鹸で手洗い。
レンズ装着→お化粧の順番で。

コンタクトレンズを取り扱う前には、必ず石けんなどできれいに手を洗い、よくすすいでください。コンタクトレンズに化粧品やハンドクリームの油分が付着すると、くもりの原因になります。

コンタクトレンズに化粧品が付着するのを防ぐために、コンタクトレンズは、お化粧の前に入れましょう。そして、お化粧を落とす前に、レンズをはずすようにしてください。

アイメイクの仕方にも注意が必要です。まつげの生え際の内側にあるマイボーム腺には、油分を分泌して涙の蒸発を防いだりするはたらきがあり、このマイボーム腺がつまると、結膜炎やものもらいなど、目にさまざまな障害がおこる可能性があります。また、アイメイクがコンタクトレンズに付着すると、レンズがくもり、不快感や充血などの原因にもなります。

アイラインは、まつげの外側に引くようにし、マスカラは、まつげの根元を避けて塗るようにしてください。とくにシリコーンハイドロゲル素材のレンズは、タンパク汚れが付着しにくい反面、油分を引き寄せやすい性質があるので、アイメイクには気をつけてください。

Point 05お手入れ不要で、清潔、安全なのは、1日使い捨てレンズ!

1日使い捨てコンタクトレンズは、毎回、新しいレンズをつけるので、最も清潔で、どのコンタクトレンズよりも角膜障害が少ないレンズです。コンタクトレンズケアも不要で、花粉症などのアレルギーのある方にも適しています。


必要な時にパッケージを開けて使えるので、眼鏡と併用したり、スポーツや旅行の時だけ使うことも可能です。

目のことは心配だけど、面倒なことは苦手、という方や、レンズが汚れやすくて使用期限まで使えないという方、洗浄保存液が目に合わないという方には、1日使い捨てタイプがおすすめです。

Point 06使用時間は短めに!目に合った眼鏡も作っておきましょう。

コンタクトレンズを快適に使うためには、使用時間を短めにすることも大切です。帰宅したら早めにコンタクトレンズをはずして眼鏡にする、休日は眼鏡で過ごすなど、ときどき目を休めて下さい。目に合った眼鏡を持っていない、という方は、この機会に作っておきましょう。

よく見える眼鏡が良い眼鏡とは限りません。必要以上に度数の強すぎる眼鏡は、眼精疲労や頭痛、肩こりなどの原因になります。眼鏡をかけると疲れるので結局使っていない、という方もおられるのではないでしょうか。

ハマノ眼科では、阪急グランドビル診療所で眼鏡処方を行っています。(予約制)眼鏡処方の検査には時間がかかりますので、電話でご予約の上、時間に余裕をもってご来院ください。

ハマノ眼科では、阪急グランドビル診療所で眼鏡処方を行っています。(予約制)
眼鏡処方の検査には時間がかかりますので、電話でご予約の上、時間に余裕をもってご来院ください。

必ずお持ちください

  • お手持ちの眼鏡
  • 健康保険証
ご予約先[阪急グランドビル診療所]
06-6315-7555

About
Contact Lens
コンタクトレンズについて